キャッシング・カードローンの基礎知識・オススメ情報

借りる前に知っておきたい!カードローンと年収の関係

2017/07/07 12:00:07


カードローンと聞くと、やはり少し悪いイメージを持たれる方も少なくないかと思います。
そんな中、お金を借りなければいけなくなった…あなたならどうしますか?



ここでは、カードローンの借入と年収の関係について述べていきます。
知っていると知らないでは大きな差になります。
お悩みのあなたの力になれれば幸いです。



------------------------------------------------ 

■カードローンと年収の関係は?

------------------------------------------------ 

貸金事業者からお金を借りる際は自分の年収に留意しなければならない、と聞いたことがありませんか?



カードローンは無担保で、主に個人の借り手に対して資金を貸し付けるものです。個人的には借金をするわけになりますが、貸し手となるカードローン会社には貸し倒れのリスクが起きます。



もし、自分がお金を貸してと言われたら、その相手がきちんと返してくれるかどうか考えてしまいますよね。



つまりは、その人に「信用」があるかどうかが問われるのです。
信用とは、返済のための資金を返済日までにきっかり準備できるかどうか、ということを表します。
要するに、「今はお金がないから借りたけど、給料日になれば、一定額のお金が確保でき、返済可能である」という状況であれば信用有となるのです。



貸し付けを行うカードローン会社は、もちろん独自に審査をして返済事故が起きないようにしていますが、貸せば貸すほどに儲かることも事実なので、過剰な貸し付けが行われる場合もあります。
そのことにより、借金で苦しむ人が増え、国が「総量規制」という制度を設けたのです。



総量制度とは、借主の年収によって貸し付けることのできる金額を規制するものです。この規制により、一部のカードローンで借りられる額は年収に左右されることになったのです。
総量規制について詳しく述べていきます。



------------------------------------------------ 

■総量規制とは

------------------------------------------------ 

カードローンにもいくつか種類があります。



アコムやアイフルなどの消費者金融、いわゆるサラ金と呼ぶようなところでローンを組もうとすると、申請の際に総量規制が入ります。
あなたの年収によって借りることのできる限度額が変わります。



簡単に言うと、あなたの年収の3分の1までの金額しか借りることができませんよ、ということです。
消費者金融にも複数の会社がありますが、複数の会社から借りている場合はそれらすべてを合わせたものになります。



例えば、あなたの年収が300万円だとします。
その場合は100万円まで借入することができます。
仮に、A社からすでに60万円を借りていたとしたら、他の会社からは40万円までしか借りることができません。



この借入情報は、各会社で確認することができます。
仮にA社から90万円、B社から50万円借入を行おうとしてもそれは出来ないのです。



なぜ、年収の3分の1の金額しか借りられないかというと、収入の中で、返済額を引いた残りが、少なくても3分の2ほど残っていないと、人として十分な生活ができないということが、国の統計的な調査で分かったからです。



このように、あなたの年収額によって消費者金融からの借り受け限度額が変わってきます。中には、この総量規制が適用されないカードもありますので注意が必要です。



------------------------------------------------ 

■総量規制がかからないカードローン?

------------------------------------------------ 

総量規制がかかるカードローンは、上記で述べたような消費者金融からの借り受けの場合です。
これらの業者は、利用者にお金を貸しつけて利子を取ることを生業とする事業者のことを指し、「貸金業者」というくくりにされています。
これらの事業者のHPには登録番号というものが必ず記載されています。
各都道府県知事の登録番号もしくは財務省の登録番号が当てはまります。



総量規制があるカードローンがあるということは、逆にないカードローンも存在します。
それが「銀行カードローン」です。



銀行は個人客に対して融資を行いますが、彼らは消して「金貸事業者」ではないので規制の対象から外されています。
個人への貸付はあくまでも事業の一部で合って生業ではないため、無理な貸し付けを行う危険が低いと判断されるからです。



また、融資の際にも十分な審議が行われますので、これも借主の生活を苦しめることはないだろうと判断されています。



銀行カード―ローンのメリットとして、



・総量規制がない
・金利が消費者金融より安い
・主婦でも借りることが出来る。



などがあります。



専業主婦の場合ですと、まず年収、収入がありませんので、消費者金融のカードローンは使用できません。
しかし、銀行であれば要件を満たすと借りることが出来るところもあります。



------------------------------------------------ 

■結局どっちがいいの?

------------------------------------------------ 

カードローンを始めて利用するならば、まずは年収要件がかからない銀行カードローンを利用することをお勧めします。



理由は、金利が安いことと、十分な審査の上借りることが出来るからです。
十分な審査がある、ということは一方で借りにくいということにもなります。
あなたにとって安全な貸付限度額を考えてくれるからです。



申請する場合は必要最低限の額で申請したほうが、通りやすくはなるでしょう。
ただし、必ずしも貸し付けを行われるという保証はありません。



一方、即日融資してもらわないと困る、という方には消費者金融をお勧めします。銀行よりも利子がだいぶ割高になってしまいますが、銀行よりは審査が早く進むのでスピードを優先される方は消費者金融のほうがいいでしょう。



ただし、消費者金融の場合は年収の3分の1までしか借りることができません。
消費者金融は銀行とは違い、あなたの生計バランスまでは考えてくれません。
3分の1全額借りるとなるとその後の生活にも響くと思いますので、まずは、必要最低額から申請しましょう。



今では銀行でもネットバンキングなどの形態をとるところが増えてきました。
このことにより、わざわざ銀行に出向かずとも、ネット上で終えることが可能になりました。



審査書類の郵送などの手間はかかりますが、自宅で手続きできるところがとても魅力的ですよね!



---------------------------------------------------------------
※関連リンク
キャッシング・カードローンを徹底比較!
▶キャッシング・カードローン比較ナビ HOME

人気のキャッシング・カードローンをご紹介!
▶キャッシング・カードローン比較ナビによる人気ランキング
---------------------------------------------------------------
▶基礎知識・オススメ情報一覧に戻る

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード