キャッシング・カードローンの基礎知識・オススメ情報

カードローンの審査基準は甘い?審査が通りやすくなる方法とは

2017/07/25 12:00:06


カードローンを申し込みたくても「審査に落ちるかも…。」と不安に思っている方もいらっしゃいますよね。



審査に関する確実な情報は消費者金融・銀行のどちらも開示していません。
したがって審査を受ける際に気を付けるべきポイントは曖昧だと言えるでしょう。しかし、審査に関する情報はあります。



審査に通りやすくなるために気を付けていただきたい点をご紹介いたします。



----------------------------------------------------------------------------

■カードローン審査の大切なポイントをご紹介いたします

----------------------------------------------------------------------------

新規で申し込む場合は以下の点が大切になります。



1.氏名や住所などの個人情報
2.住居の種類、住宅ローンがあるかどうか、住居年数
3.家族構成
4.勤め先の住所、電話番号、職業、勤続年数
5.年収
6.他社の借り入れ件数、借り入れ額の合計金額等の他社利用状況

この中でも、「職業、勤続年数」「年収」「住居の種類、住宅ローンがあるかどうか、住居年数」「他社の借り入れ件数、借り入れ額の合計金額等の他社利用状況」の4つが重要なポイントとなります。



これらの項目の審査ポイントを解説していきたいと思います。



----------------------------------------------------------------------------

■職業、勤続年数

----------------------------------------------------------------------------

客観的に「安定している」と判断できる職業は審査に通りやすくなります。



例えば、公務員や大手企業の正社員の方などがそれにあたります。
また、勤続年数が長ければ長いほど審査には通りやすくなります。



逆に勤続年数が短すぎる場合は審査に落ちる確率は高くなります。
勤続年数が半年以内などの場合は審査を通るのが難しくなると言えるでしょう。



----------------------------------------------------------------------------

■年収

----------------------------------------------------------------------------

審査を無難に通過できる年収のラインは一般的には400万円以上と言われていますが、昨今では銀行のカードローンの商品説明にも「アルバイト、パートの方でも申し込み可」とあるように、年収の少ない方でも審査に通るようになっています。



審査のポイントとしては、少額でも毎月安定して収入を得ているかどうかがポイントとなっています。したがって、いくら年収が高収入であっても安定した収入が継続していなければ審査に落ちてしまうこともあります。



----------------------------------------------------------------------------

■住居の種類、住宅ローンの有無、住居年数

----------------------------------------------------------------------------

住宅は「持ち家かつ住宅ローンが残っていない状態」が審査を通る上では最も望ましいです。また、住居年数が長ければ長いほど、生活の信用が高くなります。
したがって審査も通りやすくなります。



それに対して、賃貸住宅で居住年数が短い場合は、審査においてマイナスとなってしまいます。



----------------------------------------------------------------------------

■他社の借り入れ件数、借り入れ額の合計金額等の他社利用状況

----------------------------------------------------------------------------

この項目は消費者金融カードローン、銀行カードローン双方の審査において重要視される項目です。



他社における利用状態の確認は個人の信用情報を取り扱う「信用情報機関」のデータベースへ問い合わせて行われます。過去の返済状況や現在の返済状況などの情報をもとに審査が進められていきます。



現在の借り入れ件数が多すぎる、過去に何度も延滞を繰り返しているという状況で、信用情報に問題がある場合は審査を通るのは難しくなります。



反対に過去の返済実績が優秀であったり、借り入れ事実がなかったりする場合などには審査には通りやすくなります。返済不能のリスクを避けるため、融資を行うカードローン業者にとっては利用者の返済能力は非常に重要な審査ポイントになります。



「審査に落ちたらもう借り入れできないのではないか」と不安に思う人もいると思いますが、審査に落ちたからと言って2度と借り入れできないというわけではありません。



他社の利用状況が原因で審査に落ちてしまった場合でも、できる限りの返済を行った上で別のカードローンを申し込めば、審査に通るケースもあります。



しかし、たくさんのカードローンに同時申し込みするのは、多重債務者と判断されやすくなるためおすすめできません。
少なくとも、1ヶ月程度時間を空けて申し込みすることをおすすめします。



----------------------------------------------------------------------------

■審査ポイントを把握して事前準備を!!

----------------------------------------------------------------------------

いかがだったでしょうか?



ご覧になって気づかれたかもしれませんが、「これをやれば100%カードローンの審査に通る!!」といったテクニックはありません。



しかし、審査のポイントを把握しておくことで対策出来ることもありますので、事前準備をした上での申し込みをおすすめします。



----------------------------------------------------------------------------
※関連リンク
キャッシング・カードローンを徹底比較!
▶キャッシング・カードローン比較ナビ HOME

人気のキャッシング・カードローンをご紹介!
▶キャッシング・カードローン比較ナビによる人気ランキング
----------------------------------------------------------------------------
▶基礎知識・オススメ情報一覧に戻る

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード