キャッシング・カードローンの基礎知識・オススメ情報

医療ローンって知ってる?高額な治療費をカードローンで支払う方法

2017/07/29 15:26:29



ローンにはカードローンやフリーローンといった使いみちが自由なものと、医療ローンという高額な医療行為を行う時に利用されるものがあります。
医療ローンは取り扱っている信販会社によって金利の差があり、銀行などが取り扱う多目的ローンの方が金利面で有利な場合もあります。



ここでは医療ローンの条件や金利をご紹介いたします。




----------------------------------------------------------------------------

■医療ローンって?

----------------------------------------------------------------------------

医療ローンとはその名の通り高額な医療行為をするときに使われるローンのことです。別名「メディカルローン」。これは、病気やケガの治療ほか、入院などにかかった医療費のお金を貸してくれるローンのことです。



医療ローンは、治療費や入院費などの病院に払う費用だけでなく、通院にかかった交通費などでも利用する事が可能です。保険の効かない先進医療や美容整形などでかかった費用も借りることができるのです。




----------------------------------------------------------------------------

■医療ローンを利用できるケース

----------------------------------------------------------------------------

医療ローンも通常のカードローンと同じように、利用する際に審査を受けなければいけません。



・成人しているか
・安定収入があるか
・勤務年数
・他社からの借り入れ有無、返済能力
・これまでに金融事故の有無

審査基準はカードローンとほぼ同じで、これらが最低条件の審査基準となります。




----------------------------------------------------------------------------

■利用できる医療項目

----------------------------------------------------------------------------

全身脱毛、美容整形、レーシック、歯科矯正、美容エステ、各種先進医療といった幅広い分野で利用することが出来ます。また利用金額も多様です。自費診療は非常に治療費が高くなるものもあります。



医療ローンを利用する時は、返済の計画をちゃんと立てて申し込みをしなくてはなりません。また、入院を要する治療は収入の低下が考えられるので、ご自身の返済能力を把握して利用するようにしましょう。



----------------------------------------------------------------------------

■医療ローンの金利・業者・借入限度額

----------------------------------------------------------------------------

カードローンの金利は低くて4~5%の場合が多く、法律では高くて20%までと定められています。



○カードローンの金利


住信SBIネット銀行  最低金利 1.89%  最高金利  7.99%
アコム        最低金利  4.7%  最高金利 18.0%
プロミス       最低金利  4.5%  最低金利 17.8%
※変動の可能性あり


○医療ローンの金利


東京スター銀行「医療・介護ローン」  金利2.8~7.8%
千葉銀行 「医療ローン」       金利5.0~5.2%
リゼクリニック            金利9.0%
新宿クレアクリニック         金利無料
※変動の可能性あり

金利の面から、カードローンと医療ローンを比べてみるとその差が分かりやすく出ます。
500,000円の歯科矯正治療の費用を1年で返済する場合、カードローン、医療ローンの毎月の返済額と返済総額は次のようになります。



• カードローン(プロミス)を利用して返済した場合
金利 17.8% 毎月の返済額 45,792円 返済総額549,188円

• 医療ローン(千葉銀行「医療ローン」)を利用して返済した場合
金利 5.2% 毎月の返済額 42,849円 返済総額514,188円

実際に返済のシミュレーションを比べてみると、借入金額は同じ500,000円でも、35,000円近く返済額に差出ます。カードローンで、初めてお金を借り入れる場合は最高金利が適用されることが多いので、金利だけのことを考えると、医療ローンの方がカードローンよりもお得になる見込みが高くなるのです。




----------------------------------------------------------------------------

■知っておきたい医療ローンのメリット・デメリット

----------------------------------------------------------------------------

○メリット


医療ローンのメリットは、自由診療でも利用可能なことです。借入額の引き上げ対応可能ということもあります。大手クリニックでは金利を負担してくれるところもあります。医療ローンでも銀行のものであれば金利が安く済むこともありますし、支払い回数が少ないほど手数料も安価で済みます。



○デメリット


目的別のローンは融資までに時間がかかりますし、それまでの間は自分で医療費の支払いをしなければいけません。借りたお金は、医療行為に使い道は限られます。医療ローンの場合は、各クリニックの提携しているクレジット会社を利用しなければならないので、自由にクレジット会社を選択できません。



さらに気をつけたいのが病院を変える場合です。医療行為を受ける際に、自分と合わないと感じて病院を変えることを考える可能性もありますよね。しかし、医療ローンを組んでしまった場合は、借り入れた金額を全額返済することが必要となってしまうのです。



----------------------------------------------------------------------------

■まとめ

----------------------------------------------------------------------------

いかがでしたか? 医療ローンは保険が適用されない医療行為でも利用でき、借入額を増やしたり減らしたりする対応もしてもらえる便利なローンサービスです。



しかしデメリットとして審査に時間や手間がかかったり、借りたお金を医療行為以外で利用することできないといった点もあります。一方で、カードローンは審査に時間がかからず、医療行為以外でも借りたお金を使うことができます。



自分がどちらのローンを組むと得なのか、よく考えてみて下さいね。それには、自分の返済能力を把握することが重要になってきます。一度確認してみましょう。




---------------------------------------------------------------
※関連リンク
キャッシング・カードローンを徹底比較!
▶キャッシング・カードローン比較ナビ HOME

人気のキャッシング・カードローンをご紹介!
▶キャッシング・カードローン比較ナビによる人気ランキング
---------------------------------------------------------------
▶基礎知識・オススメ情報一覧に戻る

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード