キャッシング・カードローンの基礎知識・オススメ情報

綺麗な歯を手に入れたいインプラントや矯正歯科に使えるデンタルローンって?

2017/07/30 15:44:57



インプラントや矯正歯科などの資金に歯科治療で使える、デンタルローンをご検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。デンタルローンについて、どんなローンなのかデンタルローンとカードローンの違いはデンタルローンを利用できる条件・デンタルローンの注意すべき点などをご紹介していきます。




----------------------------------------------------------------------------

■治療費が多額だからといって歯科治療を諦めたくない

----------------------------------------------------------------------------

歯科医療では保険対象外の施術も多く、多額の費用が発生する場合があります。例えば歯科医療のインプラント・矯正歯科などは自由治療と言って健康保険の適用になりません。治療費が多額だからといって歯科治療を諦めたくない方には、デンタルローンがおすすめです。ここではデンタルローンついて詳しくご紹介していきます。




----------------------------------------------------------------------------

■そもそもデンタルローンとは

----------------------------------------------------------------------------

歯科治療費の支払いだけを目的としたローンをデンタルローンといいます。
歯列矯正やインプラント治療など、歯に対するコンプレックスを解消してくれる最新の歯科医療技術が近年話題となっているのはご存知ですよね。歯は人の目に付きやすく、歯並びが悪いのを気にして人前に出るのが億劫になってしまっている方も多いと思います。



しかし、歯科治療のインプラント治療・歯科矯正などは自由診療といって健康保険が適用になりません。そのため、治療にかかる費用がかなり高額になるケースがあります。この場合におすすめするのが、デンタルローンの利用です。



デンタルローンは資金の利用目的が歯科治療に限られているので、歯科治療以外に資金を利用することはできません。しかし、通常の多目的ローンと違い低金利で長期間借り入れ出来ることが特徴です。利用の申し込み方は二通りあり、受診する歯科医院で申し込みする方法と、ご自身でデタルローンの取り扱いのある金融機関を探して直接申し込みする方法があります。




----------------------------------------------------------------------------

■デンタルローンとカードローンは何が違う

----------------------------------------------------------------------------

高額な治療費を分割払いする方法として、デンタルローンや多目的ローン、カードローンなどいくつかあります。「信販会社で取り扱っているデンタルローンと銀行の多目的ローンの相違点は何」と疑問に思う方も多いようです。



デンタルローンは利用限度額が高く、高額な歯科治療費にも対応する事が可能で、分割払手数料率金利が低い事も特徴になります。現金での毎月分割払いに比べ、医療費控除による節税効果も期待できます。




----------------------------------------------------------------------------

■デンタルローンを利用できる条件とは

----------------------------------------------------------------------------

デンタルローンは通常のローンと同様で、利用する前に審査があります。
一般的なデンタルローンの申し込みに必要な条件には、



・20歳以上であること
・安定した収入があること
・資金の利用目的が「歯科治療費」であること

などがあります。
金融機関により異なる場合もありますが、原則として20歳以上で安定した収入のある方を条件にしている会社がほとんどです。審査結果によっては連帯保証人が必要となる場合もあります。デンタルローンを申し込む際は、必ず確認するようにしましょう。




----------------------------------------------------------------------------

■デンタルローンの注意点

----------------------------------------------------------------------------

歯科治療費で負担額を支える選択肢のひとつであるデンタルローンですが、利用を検討する際、注意点がいくつかありますのでご紹介します。



まずは、他のローンと同様に審査があります。審査は信販会社によって異なります。また、デンタルローンを取り扱っていない歯科医院もありますので事前確認が必要です。その場合は、自分でデンタルローンの取り扱いのある金融機関を探して直接申込する必要があります。信販会社によって異なりますが、分割の手数料が発生しますので注意が必要です。




----------------------------------------------------------------------------

■あわせて押さえておきたい医療費控除

----------------------------------------------------------------------------

歯科で自由治療を受ける際には、先述したように必要費用が高額となるケースが多いですが、治療の内容によっては自由診療でも税金が控除されて、医療費控除を受けることができます。



医療費控除とは、年間で10万円以上の医療費の支払いをした場合、10万円を超えた金額についてその年の所得控除を受けることができる制度のことです。



医療費控除を受けるには、確定申告をする必要があります。確定申告をする際には、治療に要した費用を証明できる書類が必要となりますので、領収書や明細書等を捨てることがないよう注意しましょう。医院によっては再発行してくれないところもありますのでお気を付けください。



デンタルローンを利用した場合でも医療費控除を受けること可能ですので、デンタルローンの利用控えも大切に保存しておいてください。




----------------------------------------------------------------------------

■デンタルローンを理解してご自身にあったご利用を

----------------------------------------------------------------------------

デンタルローンは月々の最低支払額が小さいので、上手く利用することで治療後の返済を容易にすることができます。しかし、ご自身の返済能力を超えて利用すると後々の返済が滞ってしまう危険性があります。ご自身の返済計画をしっかり立て無理のないように利用するようにしましょう。





---------------------------------------------------------------
※関連リンク
キャッシング・カードローンを徹底比較!
▶キャッシング・カードローン比較ナビ HOME

人気のキャッシング・カードローンをご紹介!
▶キャッシング・カードローン比較ナビによる人気ランキング
---------------------------------------------------------------
▶基礎知識・オススメ情報一覧に戻る



機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード