キャッシング・カードローンの基礎知識・オススメ情報

学生でもカードローンはできる?親子で正しく理解したい学生ローン

2017/07/31 15:48:23
 


学生さんの中には銀行カードローンを使ってお金を借りたいと思っている方も少なくないですよね。消費者金融の場合はカードローンの金利が高く、借りることが不安だと思う方が多いと思います。では銀行のカードローンは学生も使うことができるのか、学生が組めるローンについて説明していきます。




----------------------------------------------------------------------------

■学生でもカードローンは作れる?

----------------------------------------------------------------------------

銀行カードローンのプランには学生でも利用することができるものもあります。銀行のカードローンと言えば金利が低く、収入に無関係でキャッシングすることができるなどメリットあります。



その特徴として、学生の人におすすめの学生ローンは、消費者金融よりも銀行のローンがオススメと断言できます。学生証と身分を証明できるものを提出するだけで審査を受けることができる、とても好都合なローンです。学生のローンについて詳しく説明していきます。




----------------------------------------------------------------------------

■学生ローンを利用するには

----------------------------------------------------------------------------

融資を行う際に必ず行われるのが審査です。学生ローンも、融資を受けるには審査を受けなければなりませんが、一般のキャッシング等とは審査の基準が異なります。



1.20歳以上であること
2.安定収入があり一定の返済能力を有すること
3.学生証の提示が可能なこと
4.他社からの借入額が一定額以下であること

学生ローンと通常のキャッシングの大きな違いは融資可能額です。学生の収入源といえばアルバイトですよね。社会人に比べて収入が少なく、返済していく能力が低いとみなされてしまいます。



ローン会社によって融資可能額は多少異なります。審査には学生証と免許証などの身分証明書の提出をしなければなりませんが、保証人や担保は必要ありません。



また他社からの借入がある場合、利用者の返済能力を含め審査が行われますから、初めて融資を受ける場合よりも審査通過率が低くなります。



----------------------------------------------------------------------------

■目的別融資を活用しよう

----------------------------------------------------------------------------

学生ローンには利用目的を断定しない融資と、目的を断定した融資の二つに分かれています。目的別融資は資金の利用目的が決まっていますが、目的を断定しない融資に比べて金利を低く受けられるというメリットがあります。



・学費目的ローン
借り入れの利用目的が学費であること。審査に通過し、学費の請求書などを提出することが必要。

・海外応援ローン
資金の利用目的が海外へ旅行、海外へ留学、海外にボランティア活動しに行くなど海外へ渡航することであり、通常の審査に通ること。海外へ旅行した際の領収書、旅行会社発行の日程表、パスポートの入出国の印を提示することが必要。

イーキャンパスの場合は、目的を定めない融資と目的別融資では目的別融資の方が0.5%〜1%金利が低く設定されていますので、目的が学費や海外渡航であれば目的別融資を利用するようにしましょう。



学生ローンという名前ではありますが、卒業時期に完済しなければならないということではありません。それに加えて、卒業後も学割価格の利率が可能で、卒業後に借り入れが必要になったとしてもまた利用することができます。ただし、アルバイトの収入だけでは不安定な傾向があるため、借りすぎには注意しましょうね。



----------------------------------------------------------------------------

■卒業後に差し響きしないか

----------------------------------------------------------------------------

銀行のカードローンからお金を借入れたとして、その後の人生に影響が出てしまうのかと心配している学生さんも多いのではないでしょうか。カードローンやキャッシングを利用したとしても、その情報が卒業後の就職活動などに影響を左右することはありません。仮に返済が遅れたとして、その事実を他人が確認することはできません。



しかし問題は、キャッシングした分を月々返していくという生活が中心になってしまった場合です。学生生活の本業はアルバイトよりも学業です。借りたお金の返済のためにバイトを増やして、お金を手に入れるために動き回っていると、どうしても勉強がおろそかになる場合が多いです。借り入れ額は必要最低限にし、返済にも綿密なプランを立てておくことを忘れないようにしましょう。



----------------------------------------------------------------------------

■借りるクセをつけないことが大事!

----------------------------------------------------------------------------

お金を借りるクセをつけてはいけません。社会人になってからもお金を借りる生活が続いてしまうと、生活はずっと苦しいままです。多重債務で苦しんで自己破産…なんて未来にならないために、本当に必要な額だけの借入をすることも大切です。



学生ローンは、学生生活をより快適に過ごすことができるサービスです。しっかり返済計画を立て利用することで、より素敵な学生生活を過ごしていただけたらと思います。




---------------------------------------------------------------
※関連リンク
キャッシング・カードローンを徹底比較!
▶キャッシング・カードローン比較ナビ HOME

人気のキャッシング・カードローンをご紹介!
▶キャッシング・カードローン比較ナビによる人気ランキング
---------------------------------------------------------------
▶基礎知識・オススメ情報一覧に戻る



機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード